BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

◎機内食 カタール航空 QR SYDDOH シドニードーハ FIRST ファーストクラス FEB17

さて。いよいよ、カタールA380スリーエイティ、ファーストクラスの搭乗記です。

 

カタールといえば、最近、Qsuiteとかいう、1-2-1配列、真ん中ダブルベッドにできるといわれるトリプルセブンのリノベーションが話題になってますね。

 

おれ的には、うるせーだろーな、というのが第一印象。あんなふうにまんなかにアラブ家族集ったら、もう一晩中しゃべくりまくってんじゃないかという気がしてね。

 

あと日本人とかさ、好きじゃん。オフ会。機内オフ会とかやられたらもうおれ怒るよ(笑)うるせーよー。

 

そういう要因から、設備の新しさとかは体験したいけど、当たり外れあるだろうしなーというのが本音。

 

でも、スケベ心で、特典どうなのってちょっと検索してみたら、就航(inauguralを使うふぁいぶすたーえあらいんがいるけど、まあ、launchですかねw)時のあたりは、ほとんどダブルポイントになっていて、カタールのイールドもがんばってるな、と思いました。特典枠のコントロールがイケてない日系は見習ってほしい。

(あるいは就航のタイミングが微妙説も考えられるかもとか思ったりもした)

 

ということで、話を戻すと、閲覧注意レベルに画像がすべて赤いです。BBAクオリティ。

 

カタール航空の最長フライトはドーハオークランドだと思うのですが、まあ、シドニーからでも結構距離があります。TPMで7691あるみたいです。14時間くらいかかるのかな。

 

結構早い段階から予約してましたので、座席は1Aにしました。

 

f:id:bksbba:20170321042020j:image

座ったポジションからはこんな風景になります。

 

f:id:bksbba:20170321041706j:plain

左側はテーブルが収納されておりまして、個人的な物入れはモニター後方の共用棚にがっつり入れることができます。

 

その物入れのとなりは、水とか菓子がちょこっとおいてあります。お好きにどうぞ、な世界。

 

ファーストのうしろにはビジネスがあって、その後方にバーがあります。

 

シャンパンはあんまり得意ではないのですが(すぐに酔う)、KRUGですから。どうも世間ではおいしいと言われていますから。記念真紀子的にいただくことにしたこの古事記魂。オリーブとチーズのなんかが付け合せで出ますけど、オリーブあんまりスキじゃないんです。ナッツのほうがいいや。

 

でも、これは儀式ですし、搭乗して、ほぼお客さまがお座りになったあたりから、ギャレーでは結構景気よくポンポン開栓してる音が聞こえてきましたのでまあテンションはあがります。

 

f:id:bksbba:20170321042413j:plain

担当は佐藤B作似の彼でした。まあふつうにそつなく仕事するシニア(juniorに対してのシニア)でした。

 

心配していたプロトコルで洗練された会話できるかな、というのは難なくクリアです。自画自賛的にBBAやるときはやります。内容的には、warm welcomeから始まって、flight detailsとかまあ使い方の説明まで。

 

もうB作さんも手慣れたもので、ラベル見せのポーズもキマっております。

 

f:id:bksbba:20170321042236j:plain

次はお食事ですね。

カタールのメニューは2種。食べるほうと、アルコールのラインナップのもの。

 

良く見えないけど、食べるほうのメニューを画像に残してますねw

f:id:bksbba:20170321042249j:plain

f:id:bksbba:20170321042303j:plain

f:id:bksbba:20170321042331j:plain

 

最近、ビジネスでも始まったみたいなんですケド、まずは、アミューズ・ブーシュです。

 

これは、カニのコロッケみたいなものだったな。


f:id:bksbba:20170321041720j:image

 

お食事は、このフライトでは、スープもいまいちぽかったので、パス、アペタイザーを3種いただいて、巷で不評なパンは当然パス、デザートという流れで〆ました。

 

魚卵もこのサイズがギリギリです(いくらとかは個人的嗜好からいうときつい)ですが、キャビアをいただきました。うまかったですw

 

f:id:bksbba:20170321041735j:plain

 

4つの小鉢は、頂点の白身卵から時計回りに、ほぐし鮭に見える黄身、クリームチーズ、ダイスドオニオンです。

これでキャビアが好きになりました(笑)

 


f:id:bksbba:20170321041754j:image

 


f:id:bksbba:20170321041812j:image

 そしてはずしたくないアラビックメッヅェ。これはほんとすきです。たぶん、嫌いな人はとことん嫌いだと思います。

 

内容は、フンムスはわかりますが、あとは名称わからない。赤パプリカと、パセリと、ナスかとまとあたりがベースですかね。日本のホテルでラウンジ古事記するときはあんまり見かけませんが、海外ではかなりの確率でフンムスはみかける印象。

 

アラビックブレッドもどう?みたいに言われますけど、なくてもいいかなと個人的には思います。ただ、メッヅェだけをがつがつ行くのって、もしかしたら、ご飯食べないのにふりかけだけ食べてる人みたいに見えたらどうしよう、とかちょっと不安(笑)。


f:id:bksbba:20170321041829j:image

 いちじくと和牛のなんか。ふつうにおいしかったです。


f:id:bksbba:20170321041849j:image

田舎者ですんで、前はよくわからなくて、とにかく全部食べたい、頂戴、と思っていました。ブログねたにもなるし。

でも、ちがうなと。パンとかはもうノーサンキュー、ノーブレッドのほうが絶対いいと思いますし、メインもスパイシーなものがお好きじゃない方(=おれ)はこだわらないほうがいいんだなと思います。特に、カタールの場合のパスタ系はビジュアルも微妙な印象。

 

まあ。3種アペタイザーいったら十分ですね(笑)

 

デザートにカットフルーツいただいています。


f:id:bksbba:20170321041913j:image

 

そんなこんなでゆっくり食事をさせていただいて、ぼけぼけ一眠りをして起きてみると、これは動物的な勘ですわね。ちょうど、準ホームのコロンボのあたりを通過しています。

 

やはり海上飛ぶので結構揺れる場所がありました。

 

でも、ダイスキな友達に偶然会えた幸せもまだ残っているので、ゆっくり寝ることができました。椅子は倒して、ベッドにしてもらって幸せでした。

 

椅子を倒すのって幸せなんですね(笑)


f:id:bksbba:20170321041932j:image

 

コロンボすぎるとなんだかんだで5時間くらいでドーハに着くので、もう一回食事。

 

これはフレンチトーストですかね。甘いよ。でもおいしい。

 


f:id:bksbba:20170321042009j:image

それで食べたらまた寝て。ブロイラー化計画です。

ほんとこんな楽だったらいいですよね。

 

しかし。ヒマだと人間考えるものです。このフライトは「おそろしあ」であんまり気取ることもありませんでしたが、やっぱりこれがクラースがある国の航空会社だったらやっぱりおれは分不相応だな、とか感じるかもしれないとふと思いましてん。

 

bksbba.hatenablog.com

 

ひとが憧れるものに乗ってるおれカコイイみたいな承認欲求は満たされるかもしれない。でもなんかチリリとくる、みたいな、ね。いや、むしろ、承認欲求だったら幼稚なだけだよね、それよか防衛機制でいうところの補償だったりしたらださいかも、とか。

 

これはあくまでも非日常。それくらいのチリリな自戒はあるほうが自分としては居心地がいいのかもって思う昭和の女です。それにほら、単純に乗ったらマイル貯まっただけだから(笑)それにめっちゃキャンペーンで少ないマイルで発券で来たから(笑)それだけなんだけどねっ。

 

と言うことで十分に楽しみました。QRのキャンペーンはしょぼくなりつつありますが、いまだゲットしたマイルのリターンが大きいのでタイミングあえばやる価値はありですわ。

 

ということで、DOHに着いて、数時間で乗り継いでパリに行きます。

 

【SYD】QF ファーストクラスラウンジ 障子にメアリーやっぱ悪いことはできないよ

 

そう言えば、前回もシドニー成田のシドニーでの出来事でしたわ。

 

2回続けて、プレエコもらって、その時に緑亀つけた現地在住の女性が2回ともいらしたことがあって、人はどこで会うかわからないから悪いことはできない、と思ったんです。

 

今回もそうでした。

 

bksbba.hatenablog.com

 

いよいよ一世一代のファーストクラスの旅ですから、ホテルをちょっと早めにチェックアウトして、空港でカタールのチェックインがオープンするのを座って待っていたんです。

 

そうしたら、半島の人がきてがやがややってて、「相変わらずね」なんて思いながら冷ややかな視線を送っていたら、次に来たのは某県の修学旅行生。決してお行儀がいいとは言えないのですが、先生方がとてもよく面倒を見てらして、「大変だなぁ」なんてこれまた静観してたんです。

 

すごいよ。細かいこと書くと、どこの学校かわかるから書かないけど、あんなに大人数でオーストラリアに修学旅行とか。親御さんも費用負担かなりあるんじゃないんですかね。子育てってほんと大変。

 

半島系とはまたちがう騒々しさで、結構、どうなの感はあるんですけど、学生って微笑ましいなとも思いました。そんなふうにいろいろ思いながら座って修学旅行生を見ている変なおばさん。でも静かにしてるし、日本語にも反応しないから、たぶん、ベトナム人だと思われたんじゃないかな(笑)。

 

そんなとき、向こうから、あれ、一人の日本人が歩いてきて、あれ、あれ、あれ、と思っていると、昔の知り合いで、ちょうど数日前にfacebookでつながったばっかりで、お互い顔を見合わせて、名を呼び合って絶叫(笑)

 

修学旅行生も苦笑い。なんだおばさん日本人じゃん、みたいに。

 

そのお友だちもたまたま旅行できてて、フライト待つ前に、たばこでも吸うつもりでとことこと歩いてきて。お互い、10年以上ぶりにそれもシドニーで再会するなんて思ってなかったからビックリ。

 

いやー。悪いことできないなと思った次第です。神さまは見ている。障子にメアリー。

 

めっちゃテンションもあがって、有頂天状態でカタールをチェックインして、カンタスファーストクラスラウンジに向かいました。

 

747-400のメダルつけてる仕様塗装もかわいく見えますね。

 

f:id:bksbba:20170321030416j:image

 

気分が良いので、搭乗前ですけど、バーガーいきました。肉肉しいので、実は、結構堪える一品です。


f:id:bksbba:20170321030334j:image

 

個人的にはこのロケットのサラダのほうが好きです。ワイルドロケットだと思いますが、美味です。機会ありましたらお試しください。


f:id:bksbba:20170321030350j:image

 

あまりに感動してるので、「いやー、悪いことはできない。神さまは見ている」とぶつぶつ言っている間に、搭乗するA380が到着してゲートに入ってきました。


f:id:bksbba:20170321030408j:image

 

ということで。いよいよ搭乗です。

 

乗ってみて初めてわかったんですけど、UL1ドア、開けるの大変みたいですごく時間がかかりました。降機してみると、あきらかに、L1から降りてるひとのほうが早い(笑)どうでもいいけど、結構大切な豆知識です。

 

 

 

 

 

【SYD】HYATT REGENCY SYDNEY ハイアットリージェンシーシドニー 旧フォーポインツシドニー

2017年2月、エコノミーで倒さないで眠るBKS-BBA一世一代の SYDDOHCDGとA380ファーストクラスの旅。

 

そのため、とにかくシドニーにたどりつかねばなりませんで、Hong KongからQFの747-400ロングリーチに乗りましてシドニーに到着しました。

 

そうです。デイケアのようなフライトだったやつ。レッドアイだったから、ナイトケアだなw

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

到着は朝7時過ぎ。到着時間はちょっと遅れましたが、そこからはタクシーなんて軟弱なことはしないで電車で昨年フォーポインツからリブランドしたハイアットリージェンシーに向かいます。

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

ダーリングハーバーにあるんですけど、昔はモノレールがあったので、楽勝で行けた気がするんですが、今回は、グーグル先生にお尋ねしたら、Museumで降りろいうんです。基本、全面信頼ですけど、どう考えても、Townhallで降りたほうが歩く距離が少ないと思って、そこから歩いてみました。その分電車は乗りますが構いません。

 

タウンホールからだいたい徒歩10分弱ですかね。個人的にタウンホールのあたりは好きなので、一向に苦になりませんでした。

 

画像はダーリングハーバー方向から見た外観です。タウンのほうからの様子はあんまりぱっとしません。近所を歩いていると、そういえば、昔は日系のtakashimayaだかなんだかがあった場所がオフィスになっていて時の流れというかバブル期の日本あはれとしんみりした気分になりました。

 

早い時間に着きましたが、コンファレンスか何かがあるみたいで、ロビーはごった返してました。DIA様の威力ですぐに部屋をもらえましたが、他の人々は15時過ぎたらまた来い、みたいな状態でしたね。

 

レイトチェックアウトももちろん快くOKです。

 

f:id:bksbba:20170320042839j:image

アサインされたお部屋は増築された方だったようですが、まあたいしたこともなく画像もありません。

 

でも!

 

ラウンジがよかったです。なのでラウンジの記録いきます。


f:id:bksbba:20170320042547j:image

Australian National Maritime Museumがばっちり見えてやっぱりダーリングハーバーはいいなと思える景色です。


f:id:bksbba:20170320042611j:image

ん?イイというわりにはコジ活には不向きなたいしたものしかないように見えますが、これちがいます。

ちゃんとホットミールもありますし、アルコールも米国のような金払え、ではなかったですよ。


f:id:bksbba:20170320042634j:image

このラウンジもそのコンファレンスのせいですかね、ご年配の方がちらほらいらして、とってもゆったりとした雰囲気でした。


f:id:bksbba:20170320042652j:image

 

 でもまあ、みなさん、ワイン、ノムノム。


f:id:bksbba:20170320042718j:image

 


f:id:bksbba:20170320042737j:image

 

おれはビールね。

 

かなり気に入りました。


f:id:bksbba:20170320042800j:image

 

朝食は、タマゴ係の人がいて、ちゃんと調理してくれました。そう考えると、やっぱり新宿茶色ハイアットのラウンジはもう少し頑張れるところがあるのではないかと思うわけですね。

 

お値段的には Regency<<<<<<越えられない壁<<<<<Parkでして、内容もそうですけど、使い勝手も良いのでシドニーではかなり高めの選択肢になると思います。みなさんも機会がありましたら是非どぞ。

【HKG】HYATT REGENCY HKG TSIM SHA TSUI

年度内のDIAX消費のため、チムにアップグレードをお願いしておきました。HYATTの電話は一度かけてダメダメだったので、予約時のメールに書いておいて当日チェックです。

 

すると、チェックインでスイートOKとのことで喜びました。ただ、お部屋ができるまで時間がかかると言われ、鼎部活がちょうどできるという良い具合に。

 

アサインされたスイートのカテゴリはわかりません。高層階ではなかったので、ふつうにDIAにくれる高層階のほうが快適かもと思いました。結局スイートルームアップグレード権は昨年度も使いきれずでした。

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

まあ。ちょっとネガで始めてみましたが、お部屋自体はステキでした。

 

お部屋に入ってからは広々。左右に分かれます。まずは右側に。

f:id:bksbba:20170318164907j:image

 


f:id:bksbba:20170318164618j:image

 

リビングになっています。

 

ぼっちですから、ほとんど滞在しませんね(笑)


f:id:bksbba:20170318164633j:image
f:id:bksbba:20170318164648j:image

 

中央部にはワークデスクとベッド。


f:id:bksbba:20170318164712j:image

 

十分広いですが、低層だったので、眺めが良いとは言えず。

f:id:bksbba:20170318164715j:image


f:id:bksbba:20170318164803j:image

f:id:bksbba:20170318164817j:image

水回りも広々としています。

 

ここで質問です。結構バスタブに入るのに、「よっこいしょ」としなければ届かないのですが、こういう場合、みなさん、どうなさるの?


f:id:bksbba:20170318164834j:image

 

アメニティはジューン・ジェイコブス。


f:id:bksbba:20170318164849j:image

 

鼎泰豊部活動は近場のお店にしました。同じ商業施設に「Superdry」ができていて、ちょうどオープニングのコジ活配布をすると書いてあったのですが、夜だったので出かけていく気力がありませんでした。ぱっと見た限りは広くて品ぞろえもよさげでした。

f:id:bksbba:20170318164903j:image

◎機内食 JAL HNDHKG 羽田香港 Yエコノミー FEB17

おはようございます。SFC修行初心者は箱飯を残さない&スパークリングワインを頼むの法則を発見したBKSBBAです。

 

昨日、せっとすらいどばぁしたときにはっきりわかりました。根拠はないんですがなんとなく。あと、偉そうにしてるひとほどプラチナの法則も見つけました。同時に優先搭乗を張り切るDIA様ほどエコノミーという法則も見つけました。

 

人間模様いろいろ。

 

いや、決して、文句をつけたいんじゃないんです。昨日のSABOお菓子はアトリエうかいですごくおいしかったです。企業努力がみえてさすがANAだと思いました。甘いお菓子ばっかりじゃないんだよ、とアピールしてるみたい。やっぱり、赤・青、それぞれいいところありますよね!

 

でも座り心地はやっぱり「俺たちのJAL」のほうがいいなぁと思います。あと、羽田DPチェックインの人たちもすごく親切だし。ちなみに現在結構がんばってますの35Kフォップです。ピーピーは全然乗ってないので22Kくらいです。

 

ということで。2月の羽田香港の機内食です。エコノミーです。メニューがもうHPから消えていて見れませんが、カツカレーでした。

 

 

f:id:bksbba:20170317042706j:image

 

 でも、観て、奥様!

 

あたためが足りないの。だから、カレーがまだ固形な状態が見て取れる。固形というか、何と言っていいかわからないですが、もうスライムみたいな感じです。

 

この状態って微妙ですよね。カレー断面図なう、みたいで(笑)丁寧(やや慇懃無礼)なんだけどうまーく手抜きするアラフォーCAさんっていらっしゃるじゃないですか、そういう仕事みたいな雰囲気。オーバーオールでは悪くないけど、ほころびみえがち、みたいなの。


f:id:bksbba:20170317042657j:image

 

「えええっ」と思ったので周りを見回してみたら、結構な割合で完食されてるっぽい雰囲気が漂っていたので、お味は悪くないんだと思います。

わたしはあんまり得意じゃあないから、完食はできなかったです。ちなみに、右上に見えてる「お酒」というのはヱビスです。それがあれば満足でした。

香港はなんだかんだ言ってもあっという間に着きます。そのあとは、もういいかなって思いながらも予約しちゃった沙田に向かいました。2月まではがんばって1Kポイントのためのハイアット寄せでした。