BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【SYD】ホリディインシドニーエアポート Holiday Inn Sydney Airport

シドニーに着いて、街中はホテルもお高いこと、そして、翌朝のJALで帰りますので、エアポートのそばなホテルにしました。

ホリディインです。

ここ、むかーし、パークロイヤルだったんです。


着いたのもそこそこ遅い時間だったので適当なおにいさんがチェックインしてくれまして、ドリンク券をくれました。

IHGはちゃんとウェルカムしてくれます。

ついつい、調子にのって、
「昔、ここ、パークロイヤルだったよね?」
と尋ねたら、
「そうだけど、その時は僕はベイビーだったよ」
とあっけなくかわされてしまい、なんだかおかしくなってしまいました。

ということで、ビール画像はななめ。

f:id:bksbba:20170424032511j:plain

お部屋は昔とあまり変わらない気がします。

こぎれいでよかったです。ただ変わらないだけあって各所古い気がします。


f:id:bksbba:20170424032726j:plain





f:id:bksbba:20170424032634j:plain


しかし、エアポートホテルだけあって、電源もちゃんとユニバーサルのアウトレットがあって、いつになく好印象。オーストラリアってかたくなにオーストラリア電源なので。

f:id:bksbba:20170424032705j:plain

アクセラレートを登録せよ的なことが書いてあるのですが、もう登録してあるからなにもおいしいことなし。

f:id:bksbba:20170424032724j:plain

この日は結構雨が降っていたので、バスを待ちました。お金はAUD6です。ちょっと高くても電車で行こうかなと思ったりしていましたが、お天気がこんなカンジだとさすがに駅から歩きたくないなーと。

バス待ってる間にインド人に話しかけられてまたベトナム人疑惑かけられました。インド人にベトナムに観られるってすごいですよね。名誉というかまあ。

もう慣れっこですわ。お好きにどうぞ、というカンジ(笑)

◎機内食 カタール航空 QR DOHSYD ドーハシドニー FIRST ファーストクラス MAR17

                

ということで、いよいよ夢のファーストクラスの旅もラストフライト。ドーハからシドニーに向かいます。
 
この時の乗務員さんたちは、たんたんとサービスしてくれる感じでそれはそれでよかったです。
 
夜に出発するフライトで、すでにラウンジで食事をしているにもかかわらず、しっかり食べます。
 
あ。
 
ドーハから出るフライトって、米行きは今はラップトップのことがありさらに厳しそうですが、米とか豪に行くやつは、ペットボトルの水もうるさくいわれてボッシュートです。
 
欧・亜行きは何も言われないという記憶(日なんか荷物検査スキャンのあるゲート使わないような…)ですが、米豪は開封してあるしてないにかかわらずNG。一回、機内でのもうと思って2本くらい持っていたら、「マダムはどれだけ枯渇してるの?フフフ」みたいにされて、以来、気を付けていますw
 
食べるに話を戻すと。生涯記念真紀子的なさようならキャビア大会。
 
Akanatさんによりますと中華らしいですが、バカ舌なのでおいしかったです。
 

f:id:bksbba:20170424025007j:image

 

前菜フルコース。

 

フルコースというとどうしても「失恋までのフルコース♪」と歌いたくなるのは昭和の所為です。これ、わかる人どれくらいいるのかな?ちなみにわたしは、清水健太郎のファーストコンサート(ライブじゃないよ。コンサートだよ。)を中野サンプラザまで観に行きました。今は亡きオリコンの小池社長もいらしていました。

 

で。アラビックメッヅェ。

 

ほんとうにこれ好き。オーストラリアだとスーパーにパックになって売ってるから今度行ったときに買って帰ろうと思う。でも日本に持ち込むには検疫いるのかな?加工品だからいいのかな?よくわからないし、買おうと思ってもいつも忘れちゃう。


f:id:bksbba:20170424024735j:image

 

 

前菜第3弾。海老のなにか。なんだったかなぁ。よく覚えていないよ。でもおいしかったことは覚えてる。完食した。

 


f:id:bksbba:20170424024800j:image

 

フルーツ。

 


f:id:bksbba:20170424024823j:image

 

パンを食べないなら、ケーキを食べたらいいじゃない。(なんとなくマリー・アントワネット風に)

 

パンを食べない=炭水化物をおさえているはず、という何とも言えない解放感からケーキに手を出しました。意味ないじゃん。でもね、これはめずらしくおいしかった。


f:id:bksbba:20170424024853j:image

 

 

ということで2食目。これデジャブ感あるね。フォーメーションがこれと逆なだけ。

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

 

てか。180度回転してるだけ。180度回転って向きが逆ってことでしょ。こんなの白服とか古典的せっとすらいどばぁが観たらきっと怒るよね。ギャレーに呼び出されて、

「ちょっと、あなた何期?教官はどなただったのかしら?こんな基本的なこともできないままよく乗務員続けていられるわね」

とか言われそう。え。え、もちろん、架空の話。きっとmomo先生がいろいろご存知であとから教えて下さるはず。

 


f:id:bksbba:20170424024912j:image

 

それで、次に出てきたもの。これなにかな?ってよく見たら、オムレツなんですけど、この黒い物体。マッシュルームだと思う。マジックとか頭につかないふつうの巨大マッシュルーム。

 

見栄えもどうかと思うし、盛り付けもいけてないよね。やっぱりこれだと、白服とか古典的せっとすらいどばぁがギャレーに呼び出して(以下省略


f:id:bksbba:20170424024934j:image

 

 ということで。食べるのは終わり。フライトもおわり。定刻前にシドニーついたと思います。

 

ファーストクラスと言えばみなさん気になるアメニティはまあ他のブログで紹介されてるから検索でもしてそれ見てください。それにもうすぐきっと変わりそうな雰囲気もあるし。ハードケースで、木製のヘアブラシが入っているのがいいカンジでしたが、うちのママンがあっという間にかっさらっていきました。(ヤフオクじゃないんだからねっ)

 

パジャマはホントのロングホゥルフライトじゃないとくれないみたいで、シドニードーハ間の往復で一つずついただきました。

 

ドーハシドニーでは女性用いただいたので、「ダーにあげたいから、ジェンツ頂戴な」とぼっちのくせに架空設定のもと食い込みをしたら、「はい♡」って交換してもらいました。なんだよ、もう一個くれないのかよ、と思いましたがいいです。missoniので色合いはかわいい。

 

まだ開けてもいないですが(ヤフオクにも出しませんがw)、きっと着てみてもぺらぺらかもしれない。秋ぐらいになったらおうちで着ようかなと思います。


f:id:bksbba:20170424025002j:image

 

 

これでメイドのみやげなファーストクラスのフライトは無事終了。

 

 

【DOH】アルサファファーストクラスラウンジ ダイニング MAR17

 ラウンジに着いて、まずすることは、クワイエットルーム確保。

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

そこで荷物を置いたならば、次はもう一目散にダイニング。

 

午後遅めの時間なので、空いています。

 

f:id:bksbba:20170424013912j:image

 

 テンダーロイン。

 

ごっつい肉ですが、前回同様、真ん中に切れ目が入っていて、割って焼いてるのかな。かなりウェルダンに近いミディアムです。まあふつうです。ふつう。

 

個人的には人参のピューレがスキ。

 

子供のころはそもそもブロッコリなんて西洋野菜なかったと思うんですが、あまりすきではありませんでした。形状がなんかニガテ。でも最近はすごく好きです。たくさん食べると臭くなりそうだからほどほどにしてます。


f:id:bksbba:20170424013805j:image

 

デザートも食べた。これはマンゴームース。

 

アートのセンスはないし、美的センスもないので、このプレートお絵かきには感動せず。

 

ファイブスターエアラインみたいに、英語がちょっとあやしいものは興味深いから好き。

 

これはまあ頼まなくても良かったかなという一品でした。


f:id:bksbba:20170424013823j:image

 

ダブルマンゴーということで、アイスもいただきました。これはまあふつうにおいしかったです。



f:id:bksbba:20170424013905j:image

 

これだけ食べるともう満腹なので、意味もなくラウンジ内を歩き回りました。ほら、イオンとか、ご老人がわざわざ用もないのにいらして、一日歩いているんですって。健康にいいからって。それと同じですね。わたしもアルサファラウンジ歩き回ったり、イオンレイクタウン歩き回ったりします。意外と消化も進むし良いカンジになったので、ちょっと寝るかなぁと思って、またクワイエットルームに戻りました。

 

そこからすこしだけゴロンとしてから、搭乗口に向かいました。

 

 

【DOH】アルサファ ファーストクラスラウンジ Al safwa first class lounge

ホテルで一泊したあとは、早めに空港に行きました。

すでに搭乗券を持っていたので、チェックインするでもなく勝手にすたすたと歩いて荷物検査、出国の流れで、おなじみのファーストクラスラウンジへ。

ここに着いてまずすることは、クワイエットルームの確保です。夕方だったので、なんなくゲット。これが各地からフライトが集約する時間帯になると、降機とともにダッシュということになりますが、時間帯さえずれていれば問題なし。

安定のお部屋です。

f:id:bksbba:20170302221120j:plain

もうあんまり違いがよくわからないのですが、もしかしたら微妙に何かしら変化はあるかもしれないです。

f:id:bksbba:20170302221105j:plain


スリッパはあったような気もするけどなかったような気もします。

f:id:bksbba:20170302221117j:plain

いずれにしても大した違いではないですね。

何回か書きましたが、クワイエットルーム、利用上限が6時間とのことでした。そこは今までの無法地帯とは変わっています。

あ。あと、ルームキーですが、これも部屋番号が書かれているようになったと思います。前は何も書いていない白いカードをハイって渡されて。その都度一応登録してるみたいですけど、ちょっと怖いなと思った記憶があります。

番号が書いてあっても怖いのはあんまり変わりませんが、自分で何番だっけ?って覚えていなくても良くなるという点ではいいかもしれないです。

まー。でも、これからはもう利用させてもらう機会もなくなってくるのかな、なんて思ったりしました。

【DOH】Marriott Marquis City Center Doha Hotel 10Kポイントでトランジット

パリドーハを飛んだあと、もともとはアルサファ古事記を狙っていたのですが、クワイエットルームは6時間ルールができていることを確認し、「STPCを頼んだほうがいい」というあてにならないアドバイスを信じることはやめ、事前にトランジットビザを取得し、ポイントで泊まれるマリオットに行きました。

UBERはいるのですが、いまいち場所を把握できず、面倒だったのでタクシーに乗りました。だいたい30分くらいかかってMarriott Marquis City Center Doha Hotel に到着。

ショッピングモールに隣接しているきらびやかなホテルでした。

お部屋はまあつくりは古いですが快適でした。


f:id:bksbba:20170302221311j:plain


ふつうの部屋ですが、ぼっちトランジットにはありがたき広さ。


f:id:bksbba:20170302221207j:plain

ワークデスクもしっかりあって良い。


f:id:bksbba:20170302221215j:plain

ギフトはまあいいか、という雰囲気。

それまで十分に食べているので空腹でもないので放置。


f:id:bksbba:20170302221232j:plain


アメニティ類はマリオット標準のTHANN。どこに行っても同じなのです。


f:id:bksbba:20170302221242j:plain



f:id:bksbba:20170302221249j:plain



f:id:bksbba:20170302221259j:plain


ラウンジもありますが、標準的なカンジでした。西洋人が結構いたので画像には収めませんでした。

翌日は夜のフライトなのでちょっとだけレイトチェックアウトをして、そこからはメーターじゃない車(ベルが運転手とつながってるのかな?)に乗って空港まで行きました。

結構うんざりレベルの渋滞があって時間は行きよりも多くかかりましたが、とくにトラブルもなく空港に行けたのでヨカッタ。

◎機内食 カタール航空 QR CDGDOH パリドーハ FIRST ファーストクラス MAR17

都道府県シールに夢中で各都道府県の形から名前が答えられるようになりつつあるBKS-BBAです。こんにちは。


熊本地震からはや一年。いまだ不便な暮らしを強いられている方々に一日でも早く日常がもどりますように。


さてさて。パリでは一泊しまして、戻りです。またシドニーまで戻ります。

帰りはstarboardにしまして1Kのお席。

やっぱり視野が変わりますね。

f:id:bksbba:20170414083549j:plain



そこで彼らに会うのですが。

bksbba.hatenablog.com

とても楽しいフライトでした。

お食事はこの旅行ですっかり好きになったキャビアから。なぜ、裏面の画像?というのはあの時の自分にわたしも尋ねたいくらいです。


f:id:bksbba:20170414083257j:plain


f:id:bksbba:20170414083336j:plain


続いてアミューズブーシュ。


f:id:bksbba:20170414083356j:plain

そして記念真紀子的なKRUG。バカ舌なのでよく違い分からないです(笑)


f:id:bksbba:20170414083417j:plain

次に選んだのは、「NOBU」シグネチャの鶏どんぶりですね。

ごはんに、鶏かつ、ちんげん菜、しいたけがのっています。

これがまた微妙。東洋風ではあり、「ふるさと」の味を求めて「NOBU」を頼む方もいらっしゃるかもしれないですが、なんかちがうんですよね。

本当のNOBUというのは行ったことがないので、本家との比較はさておき、創作和食とは言い難く、かといって、オリエンタルかというとそこもちがっていて。どう表現したらいいかわからないけど、乗務員が「NOBUよ。ほら東洋人はこういうのやっぱり恋しいわよね。」みたいなニュアンスで持って来てくれるとまちがいなく落胆できる一品です。



f:id:bksbba:20170414083457j:plain

ビジュアル的にもねぇ...。


ま、いっかのデザートはレモンのタルトでした。レモン味ってたいていおいしいからうれしいです。



f:id:bksbba:20170414083545j:plain

短い距離なのでお食事いただいて、映画みたらあっという間についてしまいます。


ドーハでは乗り換えが21時間くらいあったので、これはアルサファ古事記を狙いたいところですが、すでに出回っている情報どおり、クワイエットルームはMAX6時間ルールが設定されていたようで、トランジットビザを用意したうえで、街中にくりだして1泊してきました。

2017年第1クォーター飛行まとめ 今更w

f:id:bksbba:20170406153334j:plain

3月末から変態旅程やっててブログ記事更新できませんでしたのね。3角形がふたつですが、NRTSYDKULNRTとふつうに飛んで、そこからのFUKということだったのですが、FUKからどうやって戻ろうかなと思ったときに、ちょうどサプライスがバーゲンやってまして、サンクスNARITAでいただいたpontaとあわせてFUKTPENRTという台北経由で東京に戻ると言う技をくりだして、3角形ふたつができあがりました。

 

図形だけみるとあやとりみたいですね(笑)ボケ防止には指先を動かすと良いと言われているのでがんばってみました。

 

それで、1-3月の飛行まとめができていませんでした。

 

 

ええ。エクセルで記録してますので、すぐ出るんですよ(笑)フォップピーピーは計算していません、表示されるものをあたまから信じています。

 

1年の4分の1が終わって10万マイルか。これからは農閑期になるので、去年飛んだ37万マイルには及ばない雰囲気ですね。とはいえ、人生なにが起こるかわからないのでほどほどにがんばりますね。