BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【JALコンプリート千社札】 たぶん手渡しシーンを目撃したの巻

こちらでも言及いたしました、JALJ-AIR国内線機内で配布される「縁 千社札」。47都道府県をすべてコンプリートすると、コンプリート千社札がもらえるとリリースがあったのは3月半ば。

 

bksbba.hatenablog.com

 

そして、いよいよコンプリート千社札が手渡しされるのではないかという時期になってきましたが、おれ、たぶん目撃したと思います。

 

クレアの日記 さんが、手渡しされるとき同じフライトに乗って、どんなカンジか見てみたいなってマジで思っていたのですが、はからずしも、手渡しシーン遭遇です。

 

そのフライトでは、お得意の倒さないで眠り技難易度ウルトラEレベルで爆睡していたので、フライト中のやりとりをすべて観察したり、盗撮したりはできなかったのでw(てか、しねーよ)、再現図を描いてみました。

 

コンプリートされた方のお顔はプライバシーの問題がありますので描写なし、やや頭頂部に特徴がおありだったので、それは♡スタンプで隠してみました。隠れてないかwww

 

コンプリート千社札そのものを見たわけではないので、想像図ですw

 

    f:id:bksbba:20170516142913j:image

 

たぶん、搭乗してからすぐに手渡すと、話が長くなるから、降機の際って決めているのでしょうね。シートベルトサインが消えるや否や、イチバン美形な方が寄り添っていき、「47都道府県をコンプリートされた方にお渡ししている千社札…」的な口上とご愛顧への感謝の言葉を述べておられました。

 

コンプリートされた方はJAL愛がお強いようで、携えていらっしゃるカバンにもJALのシールが貼ってあり、たぶん、亀的なタグもつけていらしたような印象(ややうろ覚え)。

 

受賞者からすると、おれなんかまだまだJAL愛からすると若輩者ですよ。ダイヤだエメだスタアラジーだなんて偉そうにするにはまだ100年早いと思いました。まあ、100年も生きないけどさ。

 

せめてこれからも #俺たちのJALをメインに搭乗していきたいなとあらたな決心をした瞬間でした(笑)おしまい。

 

 

 

フカボリの呪い。沖縄梅雨入り。

みなさんは修行の日程をどうやって決めていますか?

 

おれは基本、激安倒さないで眠るクラスで、距離がいかに稼げるかということと変態旅程かということがプライオリティ高いので、曜日とかテキトーにやってます。それに気づいたのはちっぴー兄貴(はてなブログにお引っ越しされましたちっぴーの飛行機とホテル大好き日記)に、「なんで木曜に飛ぶの?」と言われた時でした。

 

たいていのことでは緊張したりしないおれですが、さすがに答えに窮してちょっとドキドキしました。今なら答えられる、「そこに飛行機が飛んでるからさw」ってね。

 

それ言われたのはHNDからNRTに行くのに空路を利用した先週末でした。空路って言っても「イエス高須クリニック」みたいにドバイの空飛ぶヘリじゃないよ、KULタッチ3時間半ですよ。またいつか記事にすると思いますけど、今回の3時間半タッチは余裕でした。余裕すぎて、「クル修行ってやっぱ最強」と思ったのですが、そこに国際線乗継でつけたOKAにやられました。

 

ゴキゲンなクル修行、HNDから空路NRTに翌日に着いて、帰宅してから、その翌日のHNDOKAのあとの乗継(って言わないか)のFUK行き株優予約してあった航空券買うかな、と思ってみてみたら、なんと「欠航」の文字が。えええええ、って思ったのですが、もう後の祭りですよね。フォップ稼げる国際線乗継のOKAをキャンセルする勇気もなく、とにかく翌日はOKAに行くわけだし、ちょっと早めに行ってDPチェックインのところでなんとかしてもらえるかな、といろいろ脳内代案を考えて翌朝出かけて行きました。

 

このような天候事由であってもいわばフライトキャンセルは不本意。だからと言って

「誠意を見せろ!」

とか、

「おれはスタアラジー!だからどうにかしろ!(と、さけんだのはおれです。すみませんw【IST】イスタンブールの悲劇 本編 トンデモイスタンブール♪vol.5 - BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

)」

とか、意味なく相手を威嚇するのは実は得策じゃないんですよ。声高最強説もあるし、昔はよかったかもしれないけど、今は、下手すると警備員呼ばれちゃうし、ずるずる引きずられのオフロードになるかもしれないだろうから。

 

たとえ、フラキャンであっても、自分がどんな代案なら受け入れられるのか、特に今回のように事前に分かったなら、自分なりの選択肢を考えておくのがおりこうさんのすること。そして、おりこうさんなのだから、紳士・淑女的な態度で、相手がオファーできる選択肢と摺り寄せをしていく。そう。トンネルを掘るときと同じです。両岸からじりじり掘って行ってやっと青函トンネル開通!ってなるみたいに。

 

話それたな。あ、それに青函トンネル開通とかもうわからない人が多いか。

 

ま、話戻して。そのセオリー通り、FUK行き欠航に伴い、受け入れられる代案を空席もあわせて調べて早朝うちを出発しました。話しているうちにわからなくなっちゃったらいけないから、ちゃんとメモしてお話したこともあり、とってもスムーズに対応してもらえました。担当者優秀。ちょっと面倒なこともあったので、待つのは待って、カウンターひとつ占有状態で、申しわけなかったのですが、結果には満足。てルンルン(古っ)しながら搭乗を待ったわけです。そして、ちゃんとSBのところでクラJももらえたからやったー、みたいに。

 

 

ゴキゲンにツイートまでしてるしw

 

しかし。このレジ番JA752J、JALワンワールド塗装機はやってしまうのです。いや、やられてしまうのです。フカボリの呪い。そう沖縄は梅雨入りだってさ…。そして雷のため条件付き運航という重荷が…。(つづく)

 

 

 

BKS-BBAのフカボリ トランジットがMCTギリギリ!でも降機前に到着便が微妙遅延。そんなときどうしたらいいか?

こちらの続き。2年連続でカタール航空グローブトロッターキャンペーンを達成するために1泊でマドリッドに出かけていき、行きのドーハ乗継がMCTぎりぎりにもかかわらずディレイの様相が濃くなってきました。 

 

bksbba.hatenablog.com

 

さて。ここからはPVを狙う、はてなブロガー風な記事にチャレンジしてみたいと思いますw 文体も変えてみようみようかな。

 

そろそろ世間さまももう忘れかけている「フカボリ」第2弾。

 

bksbba.hatenablog.com

 

よおーし。やってみちゃうぞ。どあーずふぉーでぱーちゃー。

 

【目次】

MCTとはなにか?

 

MCTとはオマーンの首都マスカットのスリーレターコードでもある。しかし、ここでのべるMCTとはIATAのいうところのMinimum Connect Timeを指す。IATAというのはInternational Air Transport Association であることはこのブログの読者の皆さんには言うまでもあるまい。航空会社間の共通ルールを作るような場所だ。

 

そのIATAが航空会社の間で乗継をする場合、

 

最低でもこれくらいは時間をあけてね。あけてくれないと、乗継を保証できませんよ。ついては補償もしませんよ。

 

と設定しているのがミニマムコネクトタイムだ。ちなみにBKS-BBAは元業界人で、古いBBAなので独自に言い方のミニマムコネクティングタイム、と言ってみたり、「ミニマム、割ってる?」などの遣い方をする。英語では「short」を遣うことが見受けられた。

 

このMCTは空港ごと、そして、ターミナルごと、さらに、内際であるか、時にどこの航空会社間で乗継がなされるのか、と言うレベルまで細かく設定されている。

 

たとえば、羽田成田の乗継はほぼ3時間半で設定されている。これは実際に移動に3時間半かかるということではない。この時間をあけておかないと、乗継便の予約を予約システムが許さないのだ。

 

しかし、ムリクリすると予約記録は作成できてしまう。その際は、万が一の場合も手当はしませんよ、という暗黙の了解がある。自己責任でどうぞ、ということだ。

 

BKSをしているときは、MCTギリギリの予約をする場合もある。しかし、ミニマムは割らない。これは仁義だ。タッチをする場合も、念のため、予約記録は別々でもMCTのチェックは欠かせない。

 

乗継前の搭乗便が遅れているときには?

MCTチェックには余念がないBKS-BBAであるが、今回のグローブトロッターキャンペーンでは、羽田ドーハマドリッドという旅程でドーハでの乗り換えがMCTほぼギリギリの1時間で予約をした。過去に大幅なディレイ(遅延)をカタール航空では体験していないからだ。

 

しかし、自身のポイントを使ってビジネスクラスを楽しんでいる間に、ふと気づくのだ。「やばい、これは、微妙に遅れているぞ」と。

 

この遅れに関しては、PA(キャプテンや乗務員が行う放送)より、IFEモニターで表示される航路やフライト詳細を参照することをお勧めする。到着予定時間、あるいは、到着までどれくらいかかるか表示されるので時折確認するべきだ。

 

遅延を感知したならば、次にするべきことは、担当乗務員に、「自分は乗継があり、どうもギリギリだ」と告げることだ。乗継客の情報は、乗務員は一応把握しているが、あくまでも「一応」なんだ。盲信して、「どうにかしてくれる」と思ったら大間違いだ。

 

降機前にできること・できないこと

遅延を自覚すると当然あせるだろう。しかし、まず、乗継便があることを告げることだ。すると多くの乗務員は

 

「心配いらない。万が一の際は、地上係員がゲートで待っているからそいつに言え。」

 

と答えるだろう。実際、JALANA

 

沖縄からのフライトで那覇に乗りつがれる▼▼様、職員にお声掛けください」

 

と辱めを受けた方も少なくないはずでさもありなんだ。しかし、外航では別だ。これは、回すたらいを持って来ていることを意味する。性善説で信用したいところではあるが、信用すると一緒にたらいを回すことになる。それは避けたいので、軽くジャブをかましたいところだ。

 

繰り出すパンチはピリリとエスプリ利かせて「地上がいると言われるけど、いるのは見たことがない。おばけと同じだ。」くらい伝えてよいだろう。

 

その後は、実際の到着時間と乗継までの時間の計算を自分自身で始めるのが良いだろう。

 

もし、乗継する空港が親しみがあるのであれば、動線をイメージして走り抜ける自分を想像することも忘れてはならない。

 

BKS-BBAはドーハは準ホームであるので、颯爽と乗継搭乗券を見せてあの長い荷物検査を割り込みすることをイメトレした。

 

かつ、可能であれば、なるべくドアに近い座席に降機前に移動を願い出たいところだ。これは空席さえあれば対応してくれることが少なくない。CXなど30分前ルールでプレエコにまで民族大移動が始まることもあるようだ。しかし、乗継があることを伝えておかないと、たんに変な客になるので気を付けたいところだ。

 

変な客と言えば、遅れていることを乗務員に悪態をつくのも好ましくない。遅延は乗務員はいかにもしようがない。どうしようもないのだ。よって、席の移動が可能であったならば、感謝の言葉を述べ、あとは来たるべきドアオープン後のダッシュに備えるべきだ。

 

実際、この旅行ではBBAはダッシュし、加齢華麗に構内を駆け抜け乗継便に無事乗ることができた。ゲートに着いたときは、 

「お待ちしておりました~」 

状態であったが、おれの後にも続々乗ってきたので、良いダッシュをしたのだと自画自賛をした。着席後、自身の予約をappから見ると、乗れない場合の代替便が挿入されていた。

 

 

f:id:bksbba:20170510204724j:plain

注目すべきは、ドーハマドリッドが2フライト入っていることだ。これは、驚いたことにカタール航空では乗継便の確保準備にむけて動いていたということに他ならない。not confirmedの表示はあるがこれは予約システム上でコンファームされていないが、なにかしらのカウントはされているにちがいない。つまりは確実にHNDDOHのフライトは遅延していたということである。乗れないかもしれないムードを跳ね返し、駆け抜けたBKS-BBA。さぞかし鬼の形相であっただろう。

 

もし、乗継できなかったらドーハで7時間余分に過ごすことになったのか(笑)。

 

おっと、忘れてはならない。この時も、降機時にゲートには誰もいない。地上職員がゲートで待っているなどは幻想にすぎないのだ。

 

乗継できない場合には?

今回は運よく乗継ができた。できない場合はどうなるのであろうか。

 

BKS-BBAは一度だけ悪夢のオフロード(先日のユナイテッドと同じようなものw)にあったことがある。OFF LOADと書くが、搭載(load)をoffするという無情な響きだ。その時の逸話はこちらを参照いただきたい。

 

bksbba.hatenablog.com

 

この時は、たらい回しに遭い、なにもコンペンセーションもなく、おまけに荷物のロストに遭った。しかし、乗継便の失敗は未体験である。

 

よって、今までの知識から想像するにおおよそ、

  • 何かしらの食券
  • 宿泊施設および移動費用
  • おわびのクーポン、現ナマ

等々が提供されると思われる。しかし、これはケースバイケースであり、「おれ、こんな体験しました。だからみんなも主張しましょうドヤァ」と拡散し、少しでも良い条件を取ろうと励起するものでもないであろう。

 

大変な状況で心理的圧迫もあるだろうが、何某でもいただくことを狙うならばスマートな笑顔かつ強硬に権利は主張したいものだ。

 

 

まとめ 

乗継がヤバそうになったら、誰かに助けてもらえると思わず、自分の身は自分で助けよう。ツイートして誰かが励ましてくれてもそれは所詮他人事なんだよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎機内食 カタール航空 HNDDOH 羽田ドーハ C ビジネス JAN17

さて。いまさらですがたいむマシンに乗って2017年1月に戻ってみましょうか。


そう。1月と言えば、カタール航空のグローブトロッターキャンペーンを2年連続達成。その旅程の話です。


bksbba.hatenablog.com


すでに、達成したマイルはもういただきました。3月までがキャンペーン実施期限で、約ひと月でポイントが付与されるのがカタールの掟。例にもれずに数日遅れて、プラチナを選ばない代わりの5万マイルももらいましたので、現在ちょっといいカンジのマイルがカタールにあります。


ということで、達成したのは東京からマドリッド1泊の旅です。


いつの間にかカタール航空ドーハ行のフライト、羽田発が23時台になっていたので、滞在が1日短くて済みますねん。そうでなければミニマムが2泊じゃないとお安くならない気がするので助かりました。


てか。行く理由はもうグローブトロッター達成のためだけですから。


そこにIHGあるから泊まるだけで、そうじゃなければ、行き帰り同じ刑になってもいいから、とにかく、早く帰りたいよ。タッチ、タッチ♪


なのでコストも下げたいです。当然デフォのエコ。航空券はサプライスですでに通年行事になりつつある3000円か5000円割引に、ponta注入して、5万円くらいで購入しました。


この日は仕事のあとだったので、疲れもあり、ポイント使ってビジネスにアップしちゃいました。へたれ(笑)当日アップです。スムーズに対応してもらってからのみすじ。


f:id:bksbba:20170508051522j:plain


4Kです。羽田は787ですから1-2-1のヘリンボーンっていうの?あのおとなりがいないやつ。楽ちん。


f:id:bksbba:20170508051252j:plain


この日のフライトのチーフは日本人の方でした。英語も上手。かっこいいわ。


そしていつの間にかはじまったアミューズブーシュ。なんだろう?帆立かな?結構おいしかったんだろうなー。


f:id:bksbba:20170508051322j:plain


スープはほんとおいしいと思いますよ。これはグリンピースのスープですわ。ミント味もあっていい。スープもどっかの濃すぎる味噌汁とか、ヌルいスープとはちがってアツアツでなんか気持ち引き締まるよ。



f:id:bksbba:20170508051343j:plain


もうそろそろこのパターンも飽きてくるところですよね。アラビックメヅェ。


f:id:bksbba:20170508051405j:plain


肉を頼んだようですが、草履に見えるね。あとは、あれ、ほら、あれ、なんだっけ、食器洗いのスポンジ。

草履もスポンジもそりゃーおいしくないでしょう(笑)


f:id:bksbba:20170508051447j:plain


朝食はパンケーキお願いしたんですね。苺はおいしかった(笑)


f:id:bksbba:20170508051518j:plain

このフライト、ゲートクローズはそんなに遅くなかったはずなのに、なんかなかなかプッシュバックしない雰囲気だったんですよね。それで、途中で盛り返すのかな、と思っていたら、全くもってそんなことなし。


この時は、IHGのアクセラレートでヨーロッパ一泊したかったので、タッチにしない&ならば早くホテル行きたい、ということでドーハを1時間乗り換えという綱渡りな旅程を決行。


そこにディレイ…(笑)


珍道中な予感バリバリな機内だったんですが、担当の兄ちゃんに聴いても、「???」みたいな新人さん。日本人チーフの方も忙しそうでとくにお話するヒマもあまりなかったのですが、なんだかんだで20分くらい遅れて到着。そう言う時に限って着くのはDのはじっこ…。


もちろん、おれは、馬プラチナですんでね、偉そうに一番に降機してみたのです。(つづく)

GWもおわり。獺祭も下関大丸で買った。キャンペーンきました。

おひさしぶりです。GWのお休みは満喫されましたか?

 

ブログ更新がなくて、BKSBBAどこ?とソナーもばしばしいただきありがたい限りですが、おれはドメでゆっくりしていました。

 

今、一番夢中になっているコンプリート千社札に向けて、JAL利用しました。周りから頼まれていたドラちゃんをどすんとゲットしたので、CAさんはにこやかに千社札をくださいました。しかし、なにかの勘違いでしょう、いただいたものを拝見すると、衝撃な同一県(すでにおれは保有)を8枚でしてん。そこから、

  • どうも機内販売のノルマがキツそう
  • 千社札はCAさんにとってもかなりの負担でなんでもいいからさっさと配ってしまいたい

ではないかと拝察いたしました。まあ、でも自力コンプを目指してがんばりますw

 

ドメということで「日本のチベット」とおともだち自身が愛情をこめて呼んでいる津和野のお店に行ってきました。

 

bksbba.hatenablog.com

 

あー、そういえばー、初めて行ったときは、北九州往復で行ったなあと懐かしく思い出しつつ、今回は陸路で。途中、急に、バズーカ系レフ眼な撮りヲタがたむろしているエリアがあって、何事かと思ったら、土日休だけSL?みたいな機関車っていうんですか、そういうのが走る時間帯に偶然遭遇しました。ツアーバスもいたので、そいうツアーもあるんだろうな、と。てか、「SL観てなにか楽しいのかな?」と「飛んで何が楽しいの?」と自分に良く向けられる言葉を他者に向けました。フフフ。蓼食う虫も好き好き。人のふり見てわがふり直せ。直さないっつーの(笑)。

 

もちろん、獺祭も途中の下関で買いました。下関大丸は獺祭の宝庫や!自宅に宅配する人多いみたいです。もう対応も手慣れたもので、お好きな方はここで入手されるのがいいんじゃないかなと思います。

 

f:id:bksbba:20170508003812j:plain

 

 

bksbba.hatenablog.com

 

 

福岡では旅ともと会いました。お初の方もいらしたですが、なんかやっぱり指向性が合う方はお目にかかっていても楽しい。淘汰と言えば大げさだけど、同じ時間を過ごすならばやっぱり楽しい時間を選ぶ。

 

ということで。すっかり農閑期となりました。

 

農閑期でちゃらちゃらしてるんじゃないぞ、とエーエヌエーからキャンペーンいただきました。

 

f:id:bksbba:20170508004548j:plain

 

 ピーピーを余分にくれるというやつですが、こういうのが微妙に効いてきます。バカにできないっていうの?ま、そんなカンジ。ということで、農閑期が終わったら、ぼちぼち再始動していきたいなと考えております。