BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【麻布十番】ピッツェリア ェ トラットリア ラ ブリアンツァ 楽しおいしな夜

麻布十番】ピッツェリア ェ トラットリア ラ ブリアンツァ

以前は陸の孤島呼ばわりされていた麻布十番エリア。今は地下鉄も通ってすっかり便利で人気エリアになっています。(出た!昔話シリーズw)

その麻布十番でいちおし人気と言われているイタリアン、「ラ ブリアンツァ」南イタリア版として誕生した「ピッツエリア ェ トラットリア ラ ブリアンツァ」におじゃましてきました。

店名が長くてわたしはとてもじゃないけど覚えられなさそうですが、そこらへんものともしない心強い友人に連れて行ってもらいました。

入口の前には天気の心配いらずのテラス席がありました。こういう場所なら屋外でもいいな、と横目で見ながら入店。

こちらは3月18日にオープンしたばかり。麻布十番の駅上、駅から直結していますので、迷うわけなく到着ができます。天気が芳しくないときも傘いらずですので安心です。

開店ということなので、まだ静かなのかな、と正直思っていたのですが、平日19時ころお店に到着すると、すでに先客が数組いらして、みなさん楽しく食事をされています。騒々しいのはイヤだけど、活気があるのはイイ♪そこの違いは大きいなぁ。

カジュアルなようですが、セッティングはとてもかわいらしくプチゴージャスにまとまっていたので、

「これはいいんじゃないか!」

と期待度アップです。

オーダーはその心強い友人にお任せしてしまったので、わたしはうろ覚えの部分がありますが、ご紹介していきますね。

まずはスプマンテで乾杯☆

店長さんにお任せだったようですが、すっきりとした飲み口の泡でした。こういうの飲んでしまうと食事止まらなくなるんですよねー。

そして、前菜。マリネの盛り合わせです。内容はこれまた店長さんにみつくろってもらっていたようです。

そうそう、店長さん、若くてFACEBOOKの書き込みとかちょっと頼りなさそうなんですが(失礼!)、実際は、いろいろ気配りしてくださって、おかげ様で快適でしたよ!!

と、話がそれましたが戻して。こちらの画像右側がタコなんですが、海産物得意でないわたしでも、おいしーくいただけちゃいました。新鮮なんだと思います。

揚げ物系ですね。オリーブが入ったメンチみたいなのがあったんですが、これはオススメ。実はオリーブってあまり得意じゃないんですが、こちらのはおいしくいただきました。

レモンがそえてあるのもうれしい。

これ、すでに結構飲んでいたので、説明を聞きのがしたのですが、トマトで煮込んであります。軽いのにコクがありました。

4つのチーズのピッツァ。4つのチーズの、と冠がつくものは、たいてい1種~2種が結構クセがあって、「ううっ」となりそうなのですが、こちらのはとてもいただきやすかったです。なにがちがうんだろ?理由がしりたいです(笑)

オリーブ3種。

どれもつやつやですがしっかり食感があっておいしかったです。この年にして初めてオリーブおいしい、と思いました(笑)

そして、ここからがビックリなのですが、友人が持参した「バニラを使ってなにか料理を」という無茶振りにも快く応じて、サーブされたのがこちらのデザートピッツァ。

コーヒーとバニラのピッツァです。これはおいしすぎ。デザートピッツァにここまでイイ仕事されちゃうとスイーツは立場なくなるんじゃないかと思いましたよ。

これをいただいてからすでにもう2週間近いですが、そのあいだ何回も

「あれ、食べたい・・・」

って思っています。

〆は、もうひとつのデザートピッツァ。オレンジとバニラでした。これも美味。生地のほんのりとした塩気とオレンジの甘酸っぱい風味、そして、バニラが何とも言えないコンビネーションを生み出していました。

有名人気店のDNAをもつ、こちらの「ピッツェリア ェ トラットリア ラ ブリアンツァ」、カジュアルなんですが、さくっとおしゃれでいろいろな使い道がありそうです。今度は5,6人でお邪魔するのも楽しそうかな。チラ見ですが、個室っぽく使えそうなエリアもありそうです。

よく食べて飲みました。でも、こんな無茶振りにもさらっとすごいテクで応じてくれちゃうお店なので、まだまだ奥が深そうです。またうかがいたいです。ごちそうさまでしたo(^▽^)o

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド-1364640749119.jpg

 

ラ ブリアンツァピザ / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

夜総合点★★★★ 4.2