BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【麻布十番】リストランテ・ラ・ブリアンツァ 大切な人にだけ教えたいイタリアン

麻布十番リストランテ・ラ・ブリアンツァ

大切な人にだけ教えたいイタリアン

麻布十番えきそばピッツエリアェトラットリアラブリアンツァ(⇒http://ameblo.jp/hotelguide/entry-11501332065.html )のおおもと、リストランテ・ラ・ブリアンツァにおじゃましてきました。

食べログレビューでも高評価、ピッツエリアェトラットリアラブリアンツァでも完全ノックアウトされたので、とても楽しみです。

店内は22席、清潔でこじんまりとしており、人気店なのにこのキャパなのだ、とビックリ。予約がとりづらいのもわかる気がします。

セッティングはかわいらしくされており、ネクタイにあたるリボンはアンチョビがはいっていてビールのおつまみにいただけるそう。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

まずは「和歌山県産有機野菜のバーニャカウダ」

新鮮なやさいはそのままいただいてもおいしいですが、ソースをつけていただくとさらに深みがあります。

味がおいしいのにも加え、この見た目の美しいこと。目て楽しんで、舌で喜んで。いいですねー。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

ナポリ風揚げパンゼッポラ」

海苔が入っているので潮の香りがあり、揚げパンというよりもまるで、海産物の練りもののようにしっかりしたお味です。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

「フォアグラとシナモンのジェラート バルサミコソースがけ」

まず、プレゼンテーションが意表をついています。外側カリカリに焼いていながらも中がトロリとしているフォアグラにシナモンのジェラートバルサミコソースが添えてあり、それらが落ちるのか、落ちないのか、一口でいただけるのかどうか、というサイズのスプーンにのっています。

これを一口でいただくと、一瞬にして口のなかが走馬灯のようになります。いろいろな味と感触がわーっと走り抜けてくる感じ。

「なにこれ。。。いったいなんなの」

とビックリです(^∇^)

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

「イタリア プーリア産ブッラータチーズのカプレーゼ風」

モッツアレラとはまたちがうブッラータチーズにさらにクリームがはいっているので、モチモチな食感とやわらかい食感が程よくミックスされています。

おいしいものが続くと無言になるんですよね・・・(笑)

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

パンとグリッシーニ

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

その日によっておすすめしてくださるビールが違うよう。わたしは、九十九里オーシャンビールピルスナーをいただきました!

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

和歌山県産炙りカンパチのカルパッチョ

うにもそえてあります。ソースはオレンジでとてもさっぱりいただけます。海産物得意じゃないわたしとしてもこのおいしさにはもう抗えません。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

スペシャリテな「サマートリュフのピエモンテ風」

目の前でトリュフをこれでもかとスライスしてのせていただいたあと、アツアツのオーブン焼きと思いっきり混ぜていただきます。中にはタマゴがはいっていて、これまたとろみとトリュフの香りとが良いコンビネーションを生み出しています。

これ、だれもいないところでいただくなら、皿までなめまわしたいくらいおいしかったです☆彡さすがスペシャリテ

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

コースのお料理にあわせて、またわたしが飲んでいるペースをみながらおすすめしていただいたのはこちらのワイン。

ワインはさっぱりわかりませんが、食事の進み方や、始めのビールの飲み方をみたうえで、お勧めくださってるみたいで、ちょっとビックリ!

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

「北海道仔羊とフレッシュサマーポルチーニパッパルデッレ

舌をかんでしまいそうな名前ですが、幅広でおもしろい食感のパスタです。仔羊もさることながら、フレッシュポルチーニっておいしいんですね。うん、食感のみならず味も香りもいい。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

ようやくお口直しの「ローマ風オレンジレモンラム酒のシャーベット:ポンケ」

さっぱりしていて、お口直しといいながらも次からの料理の期待度をたかめるシャーベットでした。

わたしはよくわかりませんが、レモンピールのようなものがはいっていてその存在が結構ツボりました。おいしかったです。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

すでに満腹警報は鳴り響いているのですが、メインは

長崎県産和牛のタリアータ」

またまたポルチーニがそえてあって、ニッコリ。

焼き具合がまた絶妙でたまらない。これも無言でむさぼりました。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

〆のパスタ 「甘いトマトのスパゲティ」

ここまででもうお腹いっぱいのはずなのになぜかいただいてしまうほどおいしいスパゲティ。とってもやさしいお味で〆にふさわしいです。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

ドルチェは「マンゴーティラミス」

別腹発動です。食器も涼しげですが、あっさりしていながらも、味わうとコクがある一品でした。うーん、こういうの出されちゃうと困るんですケド(笑)おいしすぎるから。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

おわりにコーヒーなどをいただくときにだされる菓子。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

食事のあとにイケメンシェフが出てきてくれていろいろお話をしてくれたのですが、やっぱり、料理ってセンスと頭脳なんだな、としみじみ感じました。

このコースは休む間もないおいしいモノの行列でした。そこは輝くセンスはもちろんちょっとした工夫や想像力、そして考える地頭の良さがなきゃできないんだな、とお話をうかがっていて感じました。

食事をいただいているときも仲の良い大切なお友達を思い浮かべながら、

「今度はこのひとや、あのひとを誘って来よう」

と思いたくなるリストランテでした。ごちそうさまでした。大満足でした。

 

リストランテ・ラ・ブリアンツァイタリアン / 麻布十番駅赤羽橋駅

夜総合点★★★★ 4.5