BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【香港】世界一豪華なクラブハウスサンドイッチ Deluxe Hullet House Club

【香港】世界一豪華なクラブハウスサンドイッチ

Deluxe Hullet House Club

勝手にライフワーク化している、世界クラブハウスサンドイッチ紀行。最近友人からは

「さんだーばーどはどこに行きたいの?着地点は?(ノ´▽`)ノ」

と尋ねられますが、いいんです。もう、マイウェイ決定ですから。

そんなわたしがとうていやり過ごすことができない情報が入ってきたのは7月半ば。

毎年地元花火大会回避のための予定をきめようとしていたところに、

香港で8月末限定で世界一豪華なクラブハウスサンドが食べられる

という魅惑のニュースが飛び込んできたので、さっそく旅程をあーでもない、こーでもないと決め、訪れたのが8月3日。

場所は尖沙咀廣東道にある、ヘリテージ1881、Hullett House Hotel内、the Parlourでございます。

そちらで、提供されているDeluxe Hullet House Club HKD480(約6,000円)プラス10%サービスチャージをいただいてまいりました。

由緒歴史ありそうな建物はコロニカル調にまとめられておました。案内された席はテラスでした。

その日の香港は朝の土砂降りのあと、まだ湿気満タンになる前でして、テラス席でもちょうどいいカンジ。とても快適でした。

店内は明らかに「お金持ちじゃん!」というひとたちが、休日のシャンパンブランチを楽しんでいらしてみんな飲む飲む、泡大放出状態でして、それを見ているだけでももう期待度アップ。

予約を入れる際に、クラブサンド狙いであることは告げてあったので、形式的ですが、差し出されたメニューにサンドを見つけるとこれまた大興奮。意味不明すぎるよ。。。<自分w

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

砲台が装飾品としてあるあたりなんとなく古き良き時代を彷彿とさせませんか?

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

ここらへんが、コロニカルよ。どう?(笑)

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

クラブハウスサンドは、12時からオーダー受付、オーダー後30分かかるとのことで、まずは、軽めのビールで準備運動です(笑)

テラス席でいただくビールはなんでこんなにおいしいんだろうかっ!!

いよいよ配膳です!!画像はブログでは切れちゃうと思うので、クリックしてご覧ください。

ああ、あの画像のとおりの横長の皿に、サンドイッチが並んでいるではないですか!!

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

左から、ポテト、和牛、サーモン&キャビア、いちじく&生ハム、そしてサラダです。

東京 高級 シティ ホテル 宿泊 グルメ ガイド

ここで、具について触れておきましょう。

"世界で最も豪華なクラブサンドイッチ"の具は、

ベルーガキャビア、A5ランク和牛、バリクサーモン、

黒豚ベーコンのスライス、イベリコ豚ハム、

ベルギー産イチジク、ローマトマトのスライス、

ロメインレタス、きゅうり、フレンチチキン、

イタリア産オーガニック卵、マヨネーズ、

スクランサラダ、アスパラガス。

ですよ。おいしくないわけねーよー、ってところでしょうか(笑)

では、実際に個別サンドをアップでお楽しみいただきましょうか!!

画像からおわかりのとおり、普通のサンドイッチ、といっても場所が場所なので、その普通もかなり高レベルなのですが、そこに各種高級食材のトッピングがなされているということです。

その高級食材はどれもおいしく甲乙つけがたい内容になっていました。

和牛も、サーモンも、生ハムもすべて口の中でとろけて行くんです。口に入れた瞬間から別れを惜しみたくなるような感覚。はぁ♡

そして、ベースのサンドイッチも美味でしたよ。使われている食材がすべて自己主張しながら調和している感じ。さらにパンの薄さがこれは特筆ですね。今までいただいてきたどのサンドイッチもこの薄さで作られているものはありませんでした。

察するに、薄いと、クラブサンドとして、体裁をなさないから、薄いものを使えないのではないでしょうかね。ですが、こちらのサンドは薄いながらもしっかりした、また焼いて味が引き立つパンを使用しているからこれが成り立つのでしょう。こういう点でも評価は高いですね。

で、いつも行っている勝手に格付けなんですが、こちらは正直格付け不能ッス。

というのは、この値段出したら、このおいしさは当たりまえ、とも思いますし、じゃあ、お金出せば、いつでもこれが食べれるんだろっ!というとそれはまたちがうな、とも思うんです。

なので、評点できないです・・・。

ただひとつ言えることは、これは思い切って周りからアホと言われようとも(笑)、食べに来てよかったな、ということです。おいしいし、貴重だし、いただいたあとの物理的満腹感はもちろん、精神的な満足や達成感(笑)もひしひしと感じたからです。

いやー、ホント、楽しい時間でした。ごちそうさまでした♫

【価格】 480HKD(約6,000円)+10%サービスチャージ

【提供時間】 約30分と言われほぼ30分ほどで提供

【内容】 記事を参照してね

【勝手に格付け】 ∞∞格付け不能∞∞

The Parlour Hullett Houseラウンジ / 尖沙咀 チムサーチョイ)

昼総合点★★★★ 4.5