BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

◎機内食 シンガポール航空 SQ SGNSIN BUSINESS MAR15

機内食 シンガポール航空 SQ SGNSIN BUSINESS MAR15

BKKSGNSINの三都行脚に行ってきました。

(ダイジェスト版はこちらをクリック⇒http://ameblo.jp/hotelguide/entry-11997150724.html

各所で賞賛されているSQのサービス。

なんと、わたしは今回初搭乗。

ホーチミンからシンガポールまでの短い時間ではありますが、非常に楽しみにしておりました。

ホーチミン空港のSQの職員がとても親切な笑顔かわいい女子でしたので、それだけでもかなりテンションアップで、搭乗口に向かいます。

シンガポールでは数時間あいていたので、トランジットですが、一度入国しようかなぁと、残っていたベトナムドンをすべてシンガポールのお金に替えるこの準備万端具合ったら自分でも驚きです。

Yキャビンの搭乗客は多かったのですが、ビジネスは10名弱。

そこにクルーが3名のガチのサービス。

安定の画像ブレ。これじゃあ、機材なんだかわからないですよねw

ヘッドセットはなんかかっこいいケース入り。

イケメンからのウェルカムドリンクはシャルルエドセックブリュレゼルブ。

3名は初老のチーパー、やりテ女子、若いイケメンという構成でした。

お客が少ないこともあってかいちいち名前呼びながらサービスしてるとか、ほんとわたしには絶対できない芸当だわ。流石。

気分が良いので、調子にのってオリジナルカクテルな、シルバークリススリングをオーダー。

その後、プリセットのトレイが配給。

ベトナム風海老入りパパイヤとロータスサラダ。

このうまさ、パネェ。ハンパネェ。

パンはえらんでみました。よくわかりませんが。

そして、オリーブオイルまで小瓶で選ぶことができます。

バターもいいんですけど、なんとなく普段と異なるものを選びたい心理に恐ろしいほどBINGO!

メインはビーフ。セサミソースのベトナム風。

こくがあるソースで、一心不乱にいただいてしまいましたよ。

機内食は、必ずどれか、「ハズ」すものがあるのですが、このプレートは完璧BINGOでわたし好みでした。

サービスも手慣れており、乗客と談笑する余裕もあるくらいでした。

みんながみんな談笑や名前を呼ばれることが好ましいと思っているわけではないでしょうが、サービスする側に余裕があるのはとても快適であるということなんだと思います。

やはり、各所で評価されるだけのことはあるとしみじみ感じました。また利用できるようにがんばって働きますぅ。

(2015年3月)