BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

【香港】THE WING キャセイラウンジ ウィング

【香港】THE WING キャセイラウンジ ウィング

ドラゴン航空の機内食に若干うひーとなりましてから、目がさえわたり、なかなか寝れなくって、何回も寝返りをうちながらやっと香港に到着しました。

⇒ ◎機内食 キャセイ・ドラゴン航空 CX5397/KA397 HNDHKG 夜食 APR15

⇒ http://ameblo.jp/hotelguide/entry-12023913697.html

こういうとき、IFEが使い易いとどうにか時間も過ごせるのですが、まあ、仕方ないw 真っ暗なお外を観ながら、香港で待っているラウンジのことを考えていましたw

降機後は気を取り直して、乗り換えを待つ時間ラウンジめぐりをしようと一生懸命思いを香港に飛ばしながら、着陸を待ちました。

するとなんとまあ、CX5397/KA397は香港到着は沖づけでした。

あげくに、沖づけ後に、乗客全員を一つのバスに押し込んで移動しまして、それからE2でトランスファーです。この段階でもうカオス。

それがまあ待つこと待つこと。30分近くうだうだかかりながら、やっとお役御免で、出発ホールに解放されました。

そこから一番近いラウンジ、ウィングにまずおじゃましてみました。

ゲート2と3のあたりにありまして、あの大きなホールからはちょっと歩きます。

あいにく入口や、室内図、インテリアの様子は画像に収めていませんが、ちょっとググるとたくさんでてくるのでそちらを参照してくださいw

こちらはキャセイのフラッグシップラウンジということで、ファーストクラスラウンジがあります。これまた、いろいろググっていただくとわかりますが、シャワー施設にはお風呂もあるようですし、何と言っても「ヌードルバー」が人気のようです。

ただ、わたしがおじゃました時間はまだヌードルバーは開いていませんでした。7時からみたいです。

ヌードルバーが開いていないとはいえ、早い時間でも食べ物がふんだんにふるまわれており、もうこれをみるだけでもお腹いっぱいになりいやされてしまいます。

温かいお食事も洋・中ともにありますし、もちろん、パン系もしっかり用意されています。

朝食用のシリアル、フルーツ、ヨーグルトもたくさん。よりどりみどりだよぉ~(←芦田愛菜風に読んでくださいw)

なのにそのフルーツには行かないで、中華系炭水化物を好んで選んでしまうわたし乙!

画像にはおさまめていませんが、ヌードルバーが開く時間には人々がわらわらとヌードルバーエリアに集合し始めていました。みなさん、本当によくご存知だこと。驚きだわ(笑)

(2015年4月)

The Wing Business Class Loungeラウンジ / 香港国際空港 (HKG) 周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.5