BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

◎機内食 ANA NH HNDYVR 羽田バンクーバー MAY16

機内食 ANA NH HNDYVR 羽田バンクーバー MAY16

わたしがリアルに知る2大セレブのうちの一人、ちっぴー兄貴(★クリック) がこれから貴族クラスの食事をご紹介されるようですが、グッドタイミング!!シンクロでしょうか(いや、たんにおれがグズなだけ)、大多数の小市民のために、同じ路線のエコノミークラスの食事をご紹介しましょう。

5月の話ですけどね、マニラ⇒羽田と飛んできて、村尾様のために、1回入国、荷物をチェックしなおして出国した後に、平民が大好きな、チキチキプレエコ争奪戦に勝利して、羽田バンクーバー、プレエコ搭乗です。

申し添える必要もないでしょうが、このバンクーバーも1泊、行き帰り同じ乗務員なので、早めのタイミングで、そのことをコクっておきたいと思いましたが、この日のANAの乗務員はとても素敵な方で、たとえるなら吉田羊をさらに4段階くらい美人にした感じでコクるのもドキドキしちゃいました。

ということで食事。

タンドリーチキン選んでますね。

見事なまでの見えるようでみえないピンボケ。

結構工夫してると思いますよ。

味はまあふつう。

2食目はサンドイッチ。

JALでいう、エアモスの位置づけですので、目新しさでは負けちゃいますね。

でも、菓子パンよりは良いと思います。

味はふつう。でも個人的にはこういうジャンク系なサンドイッチすきラブラブ

さて。

ここらへんまでANAインターをヘビロテすると気付くのですが、ANAって日本ぽくないというか。日本人乗客を集めることはもちろん努力しているんだろうけど、海外のお客さんを集めないと生き残れない感が強いのかなぁと。

もちろん、JALもそれを考えているのでしょうけど、JALはどうしても日本発着の客向けのサービスが基準なのかな。でもアナはちょっとちがうかなぁと。

良い意味でグローバルスタンダードであり、JALに慣れてると、ちょっとちがうかなと思うだろうなとなんとなく感じました。

これは決して、どっちが上下ということではなく、日本人乗客が評価をするならば、好みの差になるのではないかと。

ただ、やっぱり乗務員っていうのが、その好みの差に大きく差異をもたらすのだろうなと感じました。印象を作り出しますよね。それは仕方ない。食事は、まあうたかただ。あ、あとは居住環境は結構あるかもですね。

個人的には生まれて初めて見たものを親鳥と思う刷り込みと同じで、わたしはなんだかんだ言ってもJALがやっぱり好きなのですが、ANAもちがう路線でがんばってるんだなぁと妙に上から目線(笑)なことを思ったりしました。

ただ、ここまでやってきて思うのはやっぱり修行するなら、海外でその恩恵を受けてこそコスパあがるだろう、ということですかね。最近の世界情勢考えるとドメ専最強とも思いますので難しいところではありますが。もう気軽く海外行こうZE!とは言えないよ。

ということで。まー、話はそれましたが、これが平民のお食事ということで世露死苦。このあとは、ちっぴー兄貴の貴族食事との差も楽しんでくださいね。(☆クリック

女一人旅ホテル ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします(^-^)/