読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

BKS-BBAのフカボリ セットスライドバァが今アツい!

巷で流行っている【フカボリ】をババアもやってみるかなと。深掘りじゃなくて、「フカボリ」だよ。

◆ 「フカボリ」とは?

 

業界キュレーションサイトに不定期に連載される大学の先生()がお書きになる高尚な読み物。ただし、

 

・平気で断りなしにリンクしる

・FTなどがネタ元でそれを意訳し、日本人があまり得意でない部分を操るめくらまし

・ターゲットがそれを使える使えない関係なしに容赦なくネタを暴露しまくる

・特定のキャリアの中の人からのリークも見え隠れする偏重ネタ元

・FBなど他のインフラで重鎮()と喧嘩アーギュメントする

・どれが実名なのかわかりづらい命名法とリファレンスが探しづらいキャプション

・転載ネタが多く、自らの旅行記から由来するフカボリが見えづらい

 

などの特徴があります。

 

BBAは上の特徴にはあてはまらないので、フカボリをする資格はないかもしれません。しかし、見過ごせなくてうずうずしてました。これは決して揶揄ではありません。先生に対して、またその優秀なキュレーションサイトにたいしてのリスペクトでオマージュ的な動機の元、元ネタよりさらにギークな視点でフカボってみたいと思います。

 

これが連載になるかわかりませんが、記念すべき第1回は日本で唯一の世界に8つしかないファイブスターエアラインのブルーなインスピレーションジャパンの誇りであるエクセレンキャビンアテンダントがくりひろげる、ドアクローズの合図へのフカボリです。

 

まずはこちらをお聴きください。

 

 
 
こちらは多くの人が憧れと敬愛をもって参照するセレブブログ「Up in the Sky」からの参照です。すでに多くのタレコミで、ANAのドアクローズのあいさつが従来のひらがな英語である
 
どあーずふぉーでぱーちゃー
 
から変わったということがありましたが、このつべでは新旧豪華競演、あたらしいあいさつである、
 
セットスライドバァ
 
というカタカナ英語も収録されております。
 
これはすでにネモピーのブログでも詳細が報告されているので(☆クリック)、そちらを読んでいただくとすごくわかりやすいです。しかし、これで終わりにしたら、たんに本家本元となんらかわらない、リンク並べた、誰得なうわべ考察になってしまいます。
 
そこで、ここからがフカボっていくところです。
 
実際に彼女たちは、なんとアナウンスしろと言われているのか、ということがとても気になります。ここからは本家とはちがう、自分の足で稼ぐという古い昭和の営業風にフカボっていきます。
 
今年になって、ANAは内際あわせて10回ほど搭乗しています。
  • 骨格となるあいさつはセットスライドバァ
  • セットスライドバァの「バァ」の部分は巻き舌で発音することから「bar」らしい
  • 10回のうち8割が強い巻き舌で「バァ」を発音
  • チーフが年配なほど、巻き舌が強くなり、スライドの「ラ」まで「r」の発音が入るときもある
  • チーフが若くなるほど、羞恥心からか、ひらがな英語「せっとすらいどばー」に近くなる
  • キャビンアテンダントオールという接頭フレーズも存在する
  • 約一名のみやる気のない小声な「せっとすらいどば」を発声

これらのことからのフカボリは

 

☆ 会社としての施策でカタカナ英語が要求されているのでは?

☆ 意味はどうでもよくて、どあーずふぉーでぱーちゃーからの新しいチャレンジなのか?

☆ 妙齢のチーフは新しいことが好きで張り切って巻き舌?

☆ 接頭フレーズのバージョンが複数あるので要調査。

体験された諸兄からの報告を待つ!

☆やる気がないバージョンが拡散するのか、勢力図が気になる。

 

という5つのスターが考えられるなということです。みなさんもANAご搭乗の際は、耳を澄まして、チェックしてみてください!