BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

◎機内食 QF QANTAS カンタス航空 HKGSYD 香港シドニー Y FEB17

機内食 QF QANTAS カンタス航空 HKGSYD 香港シドニー Y FEB17

こんばんは!珍しく、ネタをためこまずにすぐにブログ書きます。

今、シドニーで雨なんですけど、今朝、香港シドニーに乗って到着しました。航空券は片道をカタール特典で発券しました。カタールはマイルが意外と使いやすいと最近見直しております。

QANTASラウンジに早めに行きたかったので、九龍でシティチェックインをしてからむかいました。空港でのチェックインは15時30分からだったので、よかったです。

QANTASラウンジとPIERで、いろいろ食べたり、足マしてもらったりして、ご機嫌で乗り込みました。

ふだんはまったく興味がない機材も、羽田シドニー線で使われているいちばん好きな747-400ということでわくわくしました。エコの一番前の通路側にしましたが、これは大失敗。プレエコと境のカーテンがばんばん足にあたるので、気になる方はそのたびに目を覚ますと思います。

乗務員はびっくりしました。デイケアかと思うほど、高齢の方が多く、前方に行けばいくほど年齢があがる雰囲気。JLはBBAばっかりとかえらそうに言う人いますけど(わたしも言うけど)、もう、正座して詫びろ、っていうくらいな構成でした。でもまあしごとはしっかりやっていたし、シニアになればなるほど、客に有無を言わせないサービスになっていくというのは、俺たちのJALもやっていいんじゃないかと感じた(笑)

そして、驚愕の食事なんですが、メニューが配られますが、文字が小さくて読めません。まあ仕方ないですよね。

そして、食事のサービスが始まる前に、なにやらピンク色の液体を、ウェルカムドリンクとして配ります。

カンタスのホームページ(☆クリック)をみると、老舗の飲料メーカーのものとわかりますが、ちょっとこわくて手をだせませんでした。通路を挟んだ隣の女性が、「これなに?」と尋ねたら、「桃味だよ」と自信満々に答えていらしたのですが、本当にそうなのかな?(笑)

食事は、以前プレス発表会があったワンプレートの何かということだと思うのですが、メニューからみると3種類選べるみたいでした。迷った時はチキンがはずれない、という家訓があるので、チキンをおねがいしてみました。ちなみに3種は

Salad of roasted duck with egg noodles, lemongrass and chilli dressing

Rigatoni with sauteed king brown mushrooms, spinach, roast garlic and cream sauce

Braised chicken and winter melon with fried rice, choy sum, oyster and sesame sauce

でした。

配膳されたのはこれ。日系になれてるBBAとしては、「ほえ?」的な肩すかしな容姿笑。エコのテーブルが広く見えます(笑)。

パンはHerb breadとかいてありましたが、ぱさぱさで、割ってみたら、黒い粒(ごまじゃない)が見えたのでやめておきました。きっとイブコンとかではなく、ハーブですよね。

黄色い袋にはカトラリーが入っています。スプーン、フォーク、ナイフ、コーヒーかき混ぜる棒、砂糖、塩&コショウ、紙ナプキン。

カトラリーの感触が、ざらざらしてて、燃やせるやつなのかな、なんて思いながら使いました。

ビールをオーストラリアのくれって頼んでタスマニアのやつでしたけど、これはうまかったです。

ホイルをあけてみるとこれ。中華風ですよね。量も意外とあります。味もかなりふつうにおいしい。

ビジュアルで、少なく見えるけど、実は、あけたらスカスカなものとかあったりしたので内容としては悪くないかもしれないですねー。

ただ、あらためて、人は、見てくれに影響されるのが大きいんだな、と思いました。これだと、量は十分あっても、「えーっ」って思う方、日本人ならいらっしゃるんじゃないでしょうかねー。

デザートはミルクティームースってかいてありますけど、まあ言われてみるとそうかもしれない、というお味でした。

途中で、フルーツ配布?があるっぽいですが、寝てたので気づかず。

そして、2食めはマニラップじゃなくて、ボックスで、pastryがでてきました。中身の写真撮ってないですが、ピザパイみたいなチーズ乗ってますというものでした。これも結構ボリュームあった。

ヨーグルトはふつうのいちごヨーグルトでした。

まあボリュームとしてはありだと思います。

日本-オーストラリア路線が2月末は壊滅的に予約できなかったので、苦肉の策で香港からにしてみたんですけど、結構おもしろい体験でした。カンタスのエコノミーなんて、どれくらいぶりに乗ったか覚えていないくらいですけど、らくちんでした。繰り返しますが、乗務員の構成は驚きでしたけどー。

機内では、おなじみ、ほとんど倒さないでも爆睡してましたが、椅子はやっぱり俺たちのJALのエコがいいかなー。離着陸のキャプテンの腕は健在でしたが、ちょっと遅れたみたいでした。