読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

人バシラーと飛行距離を極めるヘンテコ旅程で飛ぶのがすきです。

フカボリの呪い。沖縄梅雨入り。

みなさんは修行の日程をどうやって決めていますか?

 

おれは基本、激安倒さないで眠るクラスで、距離がいかに稼げるかということと変態旅程かということがプライオリティ高いので、曜日とかテキトーにやってます。それに気づいたのはちっぴー兄貴(はてなブログにお引っ越しされましたちっぴーの飛行機とホテル大好き日記)に、「なんで木曜に飛ぶの?」と言われた時でした。

 

たいていのことでは緊張したりしないおれですが、さすがに答えに窮してちょっとドキドキしました。今なら答えられる、「そこに飛行機が飛んでるからさw」ってね。

 

それ言われたのはHNDからNRTに行くのに空路を利用した先週末でした。空路って言っても「イエス高須クリニック」みたいにドバイの空飛ぶヘリじゃないよ、KULタッチ3時間半ですよ。またいつか記事にすると思いますけど、今回の3時間半タッチは余裕でした。余裕すぎて、「クル修行ってやっぱ最強」と思ったのですが、そこに国際線乗継でつけたOKAにやられました。

 

ゴキゲンなクル修行、HNDから空路NRTに翌日に着いて、帰宅してから、その翌日のHNDOKAのあとの乗継(って言わないか)のFUK行き株優予約してあった航空券買うかな、と思ってみてみたら、なんと「欠航」の文字が。えええええ、って思ったのですが、もう後の祭りですよね。フォップ稼げる国際線乗継のOKAをキャンセルする勇気もなく、とにかく翌日はOKAに行くわけだし、ちょっと早めに行ってDPチェックインのところでなんとかしてもらえるかな、といろいろ脳内代案を考えて翌朝出かけて行きました。

 

このような天候事由であってもいわばフライトキャンセルは不本意。だからと言って

「誠意を見せろ!」

とか、

「おれはスタアラジー!だからどうにかしろ!(と、さけんだのはおれです。すみませんw【IST】イスタンブールの悲劇 本編 トンデモイスタンブール♪vol.5 - BKS-BBA JGC/SFC修行ブログ

)」

とか、意味なく相手を威嚇するのは実は得策じゃないんですよ。声高最強説もあるし、昔はよかったかもしれないけど、今は、下手すると警備員呼ばれちゃうし、ずるずる引きずられのオフロードになるかもしれないだろうから。

 

たとえ、フラキャンであっても、自分がどんな代案なら受け入れられるのか、特に今回のように事前に分かったなら、自分なりの選択肢を考えておくのがおりこうさんのすること。そして、おりこうさんなのだから、紳士・淑女的な態度で、相手がオファーできる選択肢と摺り寄せをしていく。そう。トンネルを掘るときと同じです。両岸からじりじり掘って行ってやっと青函トンネル開通!ってなるみたいに。

 

話それたな。あ、それに青函トンネル開通とかもうわからない人が多いか。

 

ま、話戻して。そのセオリー通り、FUK行き欠航に伴い、受け入れられる代案を空席もあわせて調べて早朝うちを出発しました。話しているうちにわからなくなっちゃったらいけないから、ちゃんとメモしてお話したこともあり、とってもスムーズに対応してもらえました。担当者優秀。ちょっと面倒なこともあったので、待つのは待って、カウンターひとつ占有状態で、申しわけなかったのですが、結果には満足。てルンルン(古っ)しながら搭乗を待ったわけです。そして、ちゃんとSBのところでクラJももらえたからやったー、みたいに。

 

 

ゴキゲンにツイートまでしてるしw

 

しかし。このレジ番JA752J、JALワンワールド塗装機はやってしまうのです。いや、やられてしまうのです。フカボリの呪い。そう沖縄は梅雨入りだってさ…。そして雷のため条件付き運航という重荷が…。(つづく)